学校よりの連絡

インフルエンザ発症時の対応


38度以上の発熱、鼻汁、咳、くしゃみ、咽頭痛、頭痛、関節痛、筋肉痛
全身倦怠感など「インフルエンザ」の可能性がある場合

病院などの医療機関を受診し、簡易迅速検査を受ける。
「インフルエンザ」と診断をされたらクラス担任へ連絡をする。



クラス担任へ連絡


インフルエンザによる学級閉鎖や休校・時間割変更など緊急の連絡に
つきましては、筑前高校ホームページにて随時連絡致します。



「学校保健安全法施行規則」ではインフルエンザは学校において予防す
べき感染症(第二種)に指定され、出席停止期間が指定されています。
一般的には解熱後2日経過までは自宅療養が必要です。出校につきま
しては医師の指示に従ってください。
ご不明な点につきましてはクラス担任へご相談下さい。