学校行事

a_ilst062.gifsc01_l1.gifa_ilst055.gif

第39回 体育祭

テーマ:「HIGH LIGHT 〜 その一瞬に輝け 〜

第39回体育祭、今年のテーマはHIGH LIGHT 〜 その一瞬に輝け 〜です。

 今回のテーマである「HIGH LIGHT」には「最も明るい部分」「見せ場」という意味があります。体育祭に向け一人一人が目標を設定し、自分自身が最も輝く瞬間を自分の手で創り上げていく。そうして生まれる個々の輝きが集結した時、この体育祭は筑前高校の長い歴史の中でのハイライト、筑前生のこれからの長い人生の中でのハイライトにするという熱い想いを込めてこのテーマを設定した。

(体育祭パンフレット 実行委員長挨拶より)

30年度体育祭2.jpg

平成30年度 第39回 体育祭は平成の時代最後の体育祭となりました。
当日はあいにくの天候となり、御来校の皆様にはプログラムの大幅な変更や足もとの悪い中、たくさんのご声援をいただきありがとうございました。
開式後の降雨により、競技フィールドの状況や生徒の体調・安全を考慮し「応援合戦」「創作ダンス」「集団行動」「全校応援」のみの実施となりました。
創作ダンス・集団行動では、泥だらけになりながらも懸命に演技する生徒の姿をご覧ください。


B_0012.jpg
優勝旗・優勝杯返還
当日は入場行進も行うことができず、生徒はスタンドに入った状態で開会式を実施しました。
昨年同点優勝の黄ブロック・白ブロックより優勝旗・優勝杯の返還が行われました。


DSC_3089.jpg
選手宣誓
黄・白・青・赤の4人のブロック長より力強い選手宣誓が行われました。


応援合戦

DSC_3286.jpgDSC_3233.jpg
DSC_3172.jpgDSC_3393.jpg
黄ブロック
「輝鎣」(きえい)
「自らを磨き上げた最高の輝き」


DSC_3570.jpgDSC_3507.jpg
DSC_3694.jpgDSC_3677.jpg
赤ブロック
「紅士無双」(こうしむそう)
「4ブロックの中で並ぶものがないほど優れた赤ブロックを作り上げる」


DSC_3788.jpgDSC_3915.jpg
DSC_3803.jpgDSC_3939.jpg
青ブロック
「龍哮蒼天」(りゅうこそうてん)
「一人一人が己のできることを全力でやり遂げ、目標に向かって闘志を燃やす」


DSC_4210.jpgDSC_4305.jpg
DSC_4205.jpgDSC_4337.jpg
白ブロック
「一蓮托生」(いちれんたくしょう)
「一人一人が精一杯輝き、綺麗な蓮の花を咲かせられるように」


ダンス

DSC_4454.jpgDSC_4484.jpg
A_0585.jpgDSC_4589.jpg
黄ブロック


DSC_4630.jpgDSC_4705.jpg
A_0649.jpgDSC_4714.jpg
青ブロック


DSC_4734.jpgDSC_4735.jpg
A_0694.jpgDSC_4788.jpg
白ブロック


DSC_4818.jpgDSC_4868.jpg
A_0784.jpgDSC_4927.jpg
赤ブロック


集団行動

DSC_4932.jpgDSC_4955.jpg
DSC_4961.jpgDSC_4970.jpg
白ブロック


DSC_4999.jpgDSC_5020.jpg
DSC_5030.jpgDSC_5038.jpg
黄ブロック


DSC_5059.jpgDSC_5066.jpg
DSC_5078.jpgDSC_5091.jpg
青ブロック


DSC_5104.jpgDSC_5117.jpg
DSC_5122.jpgDSC_5126.jpg
赤ブロック

全校応援


DSC_5141.jpgDSC_5144.jpgDSC_5147.jpg
DSC_5148.jpgDSC_5156.jpgDSC_5165.jpg
DSC_5173.jpgDSC_5177.jpgDSC_5180.jpg
全校応援
本校ではプログラムの最後に全校応援を行います。これは先生・保護者・地域の方々への感謝を全員で伝えます。


DSC_5205.jpgDSC_5236.jpgDSC_5238.jpg
結果発表
集団行動部門   優勝 白ブロック
ダンス部門    優勝 黄ブロック
応援合戦部門   優勝 青ブロック
バックボード部門 優勝 青ブロック


総合得点 
黄ブロック 560点
白ブロック 535点
青ブロック 630点
赤ブロック 485点

総合優勝は、青ブロックとなりました。

DSC_5322.jpg


御礼

当日は多くの方々に御来校いただき、また激励のお言葉を多数いただき、誠にありがとうございました。来年もさらによいものを目指していきます。